奥田健治の土方

みなさんはスマホにどのようなアプリを入れていますか?出会いたい人同士を繋げるものとして出会い系アプリの利用者も増えています。

出会いを目的に相手を探せるアプリもありますし、匿名で不特定多数の相手とメッセージをやり取りするタイプのアプリも人気がでています。

出会える確率としては、とにかく利用者数が多いものの方が確立も上がりますが、アプリ特有のシステムやこだわりは様々ですので、ご自身に都合の良いアプリを利用してみてください。

雑誌などを見ると異業種交流会で出会って結婚という場合がないわけではありません。

しかし、コミュニケーションスキルがいまいちだと、連絡先を交換するのは難しいようです。

その場で楽しそうに話し込むペアも時間の経過とともに増えてきますが、あとで聞くと「断った」なんて場合もあります。

自分の知識や仕事の人脈を増やすために参加するならともかく、恋人を探そうと思ったら、出会いを仲介するサイトを使ってみたり、友達と合コンを企画するほうがいいでしょう。

せっかく出会い系サイトに登録したのに、思ったような結果が出ないという男性の話もよく耳にします。

その背景には、女性の数があまりに不足しているという点があるでしょう。

ですから、女性にファーストメールを送っても殆ど返事が来ないです。

また、プロフィールを調べた女性の方から積極的にメールしてくれる確率も低いのです。

ですが、医者などの世間的に高収入な職業についている男性は、女性からの連絡は途絶えません。

確かに、嘘でも「医者」と自己紹介すれば、女性からのメールはたくさん届くと思いますが、直接会った時や親密になる過程で綻びが出て思いもよらないトラブルになることもあります。

インターネットのコミュニティやゲームのファン同士が、実際に交流する集まりにオフ会があります。

こういった集まりで恋人が出来たという人も珍しくありません。

しかし、ほとんどの場合、オフ会で異性にアプローチする人は出会い厨という不名誉な名前で呼ばれかねません。

オフ会で知り合えた異性がフリーかどうかなんて分かりませんし、恋人探しの場としては良くないでしょう。

むしろ、余計な遠回りをせずに出会い系サイトで似たような趣味の相手を見付けるのがずっと成功しやすいと思います。

アルバイト先で彼氏彼女を見つけるのは良いのですが、職場で隠し続けるのは難しいです。

万一、破局なんかしたら、バイト先が針のむしろになります。

そういうコは今の職場にもいた(辞めた)ので、僕は出会いサイトを駆使して彼女を見つけたいと思っています。

恋愛沙汰なんかを職場に持ち込むとトラブルが起きないとも限らないし、なんだか割が合わないと思うんです。

モバゲーに一時期ハマっていたんですが、どうにも出会い厨が多いので、機種変更したついでに使わないと決めたのです。

男性との出会いがほしければ、もっと直接的に出会い系サイトなどを使いますし、全く無関係のところでナンパされるというのは、正直言ってウザいです。

これからは、SNSに登録する時は女性ではなく男性にしておこうと思います。

その方が面倒がなさそうです。

相性の良い友達が少なくて悩んでいる人は、出会い系サイトを使って色々な人と交流してみるのがおススメです。

意外に思われるかもしれませんが、出会い系サイトは恋人はもちろん、気の合う友人が見つかったというケースもあります。

しかし、友達になったとしてもサイトやメールのやり取りだけでは自然と連絡が途絶えることも多いですし、交際相手と出会えても仲の良い友達探しは難易度が高く、なしのつぶてという事もあります。

交際相手を探しつつ、友達も探したいという訳ではないのなら、違う方法を見付けた方が良い結果になると思います。

若い頃には、クラブでの出会いもありましたが、今となってはありえない話です。

それに、クラブで出会って真剣なお付き合いに発展したことがないので、行く価値があるとは思えません。

彼氏をみつけるなら、出会い系アプリや出会い系サイトの方がまともな男の人に出会える気がします。

クラブではまず出会わないような公務員の男性と知り合えましたから、利用して良かったです。

twitterでの出会いを否定するわけではありませんが、ブロックしてくる人もいますし、通報ということもあり得ます。

たしかにtwitterで恋が芽生えた例もなきにしもあらずですが、それほど多くはないでしょう。

異性と親しくなりたいと考えているなら、出会い系サイトで探すのが最も頼りになると思います。

出会い系サイトの利用者の中には簡単に本名や住所を相手に教えてしまう人が目につくようになりました。

出会い系サイトと一口に言っても、良心的なサイトばかりではないため、個人に繋がるような情報を伝えるのは最低限にするべきです。

中でも、身分証明書は犯罪に悪用される恐れがありますから、迂闊にネット上にアップしないようにしましょう。

ネット上の相手を信頼しすぎないという事も大切でしょう。

実際に相手に会ってみるまで個人情報を教えないことが大切です。

多くの人は出会い系サイトで本名を公開することに抵抗があるようで、実名を公表している人は珍しいですよね。

でも、名字は仮名を使って名前は本名という人の割合は、意外と多いようです。

しかし、メールのやり取りで仲良くなってくるとうっかり本名を伝えてしまう事もあると思います。

でも、顔も分からず、本当に信用できるか分からない相手にこうした情報を教えるのは危険ですから、こうした行動は厳禁です。

例えばフェイスブックに登録している場合、フェイスブックの設定によっては本名で検索され、個人情報が流出してしまうかもしれません。

今のネット社会において、どのようにしたら人間関係を上手く築くことが出来るでしょうか?それにはやはり、相手を喜ばすようなメール術が必要です。

これは出会い系サイトにおいても同様で、メール術を身に付けていない男性は、出会い系でも失敗することになってしまうでしょう。

具体的には、ですます口調で丁寧な方が好感度は高いですし、何かにつけて会おうとすると上手くいきません。

あるいは、相手の気持ちを無視するものでは、女性から返信が来ることは無いでしょう。

出会いのきっかけが共通の友人なんてケースは少なくないようです。

ただ、頼みとなりうるような友人がいなければ始まりません。

これといって紹介できる見込みもないのに、紹介を約束させられてしまうと、きっと困ってしまうのではないでしょうか。

あちらから紹介しようという具体的な声がかからない限り、例えば出会い系サイトを使うなど自力で頑張れば、大事な友人関係を維持できて、気持ちも穏やかでいられると思います。

全くの他人より、趣味が同じ人の方が話しやすいことがありますし、短期間で親しくなることも可能でしょう。

出会い系においても、自己紹介のところに出来るだけ多くの趣味関心を載せた方が、相手に見てもらえる可能性が高いと言えますね。

とはいえ、マニアックな趣味の場合は書くのをためらうこともあるでしょう。

確かに、マニアックなものは公表しにくいという気持ちも分かりますが、一方では、マニアックな趣味は同じ趣味を持っている人が少ないため、共通する話題が持てるとしてそれだけ親近感を得やすくなります。

出会い系を利用したいと思っている方へのアドバイスですが、今どきは出会い系サイトよりも出会い系アプリの方が良いでしょう。

パソコンよりも最近ではスマートフォンを主に使っている人の割合が高いですし、手軽にやり取りできることがウケて、利用者が増えているようです。

一部の利用者は、出会い系アプリではなくてコミュニケーションアプリを出会い系アプリのように利用する人もいます。
https://xn--1–cj4ayb0a2f6c0gb8835ewp5am3fq8k2n1f8wc.xyz/

しかし、関係のない利用者が迷惑を被ることになりかねませんし、時間を無駄にする可能性も高いですから、止めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です