キャンベルの小林

今日では、婚活といってもお見合いや紹介といった昔ながらの方法だけではありません。

例えば、簡単な方法で言えば、出会い系サイトがおススメです。

多くの方は、出会い系サイトと聞くと遊びの付き合いを求める人が利用している感じがしますが、そうとも限りません。

意外に思うかもしれませんが、出会い系サイトには婚活のために登録している人も多くいます。

そういった人を自己紹介から探して連絡するのをおススメします。

出会いためのツールが様々ある中で、簡単で、比較的成功する確率が高めなのが出会い系サイトなのです。

ですが、サイトを選ぶ際には慎重さが要求され、いい加減に選ぶと、運営側が用意したサクラしかいなかったり、あなたに合う人が探せないことも多いでしょう。

アダルト色を前面に押し出しているような出会い系サイトは、真面目に付き合う人を探している方は使いづらいため、避けた方が無難です。

時々話に聞くのですが、出会い系サイトによっては利用者を集めて課金させるように登録者の中にサクラを紛れ込ませている事があります。

一般的に、サクラは魅力的な容姿やプロフィールを偽装しているため騙されやすいのです。

サクラに騙されてしまうと、どれだけメールを引き延ばされても絶対に、直接会うことは出来ませんから、時間やお金をつぎ込んでも、何も返ってきません。

こうした事態を避けるためにも出会い系に登録する前に、情報を仕入れておいてサクラがおらず、評判の良い出会い系サイトを選べば、一般の利用者と出会える可能性が上がります。

出会い系サイトではどのような危険が考えられるでしょうか。

出会い系サイトはその匿名性から犯罪も多い場所ですが、出会い系サイトが関わる事件の多くが、未成年が関わっていることが多いようです。
https://xn--a1-9i4ayb0a2f6c0gb5736ixv7awi1g.xyz/

一方で、大人の男性が巻き込まれやすいトラブルは18歳未満の女子高生や女子中学生と知り合い児童買春してしまい、トラブルになる話が多いです。

一方で、犯罪被害者となりやすいのが女性です。

直接会った時に男性の運転する車で怪しい場所に連れて行かれるというやり口がよく見られますから、相手を安易に信用し過ぎないようにしましょう。

せっかくステキな人と出会っても人見知りでは決してうまくいくとは言えないでしょう。

これまでの人見知りな性格をガラッと変えることは、生易しいものではありません。

まずは人見知り克服の第一歩として、出会い系サイトがおススメです。

コミュニケーションするとき、顔を直接見ないというのもいいですし、「あっ、嫌だな」と思ったらいつでも関係を断てますから、とても気楽なやり取りだといえます。

相手のパーソナルな部分も事前に知ることができますから、直接会ったとしても気まずい時間はほとんどなく、すぐにスムーズに会話ができることでしょう。

もし、スマホを持っていたら、出会い系の無料アプリを利用すると、場所も時間も問わずに出会いを探せます。

文字入力に慣れていない場合には、やり取りにも時間を要しますが、トイレで返信なんてこともできますので便利ですよね。

使った時の感触が違いますし、複数のアプリに登録して、自分との相性が良いものを選びましょう。

出会い系サイトでは一般的に仮名やニックネームが使われており、本名で登録している人は珍しいですよね。

でも、名字は仮名を使って名前は本名という人の割合は、意外と多いようです。

実際にサイトで知り合い、仲良くなってくると、相手が現実の友人と同じような錯覚に陥りついうっかり本名を教えてしまうこともありますが、顔も分からず、本当に信用できるか分からない相手にこうした情報を教えるのは危険ですから、こうした行動は厳禁です。

中でも、フェイスブックをやっている人は、公開する範囲の設定が誰でも見えるような状態だと相手に教えた本名からフェイスブックが辿られてしまい、プライベートな情報まで流出してしまう危険があります。

一度でも出会い系について調べたことがある人ならご存知だと思いますが、出会い系ではサクラや自動返信といった詐欺まがいの相手に騙されることがあります。

ですから、出会い系を活用するならば、連絡を取った相手が、本物の利用者であるかどうか見極めるのは大変重要であることが分かると思います。

多くの人は大丈夫だと思いますが、常に同じ返信しか返ってこない機械の自動返信を安直に信じてしまうようでは、貴重な時間もお金も溝に捨ててしまうようなものでしょう。

また、キャッシュバッカーの存在にも注意が必要です。

異性と出会うことを期待してゲームアプリを利用するのは、純粋にゲームをしたくて参加する人にとって迷惑に感じられる可能性もあります。

例えば相手がもう恋人のいる人だったり、恋人を求める気持ちが特になかったり、住んでいる場所が遠いなど、気が合った場合でも上手くいかない事情はありえます。

交際相手を求めるなら、はじめから出会い系のサイトを使ってしまうのが合理的ではないでしょうか。

twitterは便利なツールですが、異性との出会いを期待して使おうとすると、ブロックされることはもちろん、「通報されました」なんて不運なパターンもあります。

数多いユーザーの中にはお互いリツったりする間にカップルが成立した事例もあるとは思いますが、実際にはそんなに多くないでしょう。

恋人が欲しいなと思ったら、同じ目的の人が多いという点で出会い系サイトを利用するのが最短ルートなのではないでしょうか。

確率は低いものの、元々の知人と出会い系サイトで会ってしまったという話を聞いたことがあります。

恥ずかしいですが、お互い出会いを求めていた者同士ですからそこまで心配する必要もないでしょう。

でも、プロフィールにご自身の顔写真を掲載していた場合は、面白半分で登録した知り合いがいた場合、自分が出会い系サイトを利用していると周囲に晒されることがあるのです。

また、顔写真を悪用される可能性もあるので、しっかりとプライバシーを保護することも大切です。

旅先での出会いを求めて女性二人で旅行してみたのですが、しつこく車に乗ってよと勧めてくる男性二人組だったり、アバンチュールを求めるおじ様だったりと求めているような出会いはありませんでした。

これではまずいので、学生の頃にしていたみたいに出会い系サイトに切り替えて彼氏探しをすることにしました。

かつては学生だったのでメッセもたくさん来ていたんですけど、すでにアラサーですし、積極的に攻めていかないといけないでしょう。

ナンパで出会って結婚した友達もいますが、それはレアケースで一晩だけの付き合いに終わる可能性が高いものです。

車はいわば動く密室ですから、面識のない人の車に乗るなんてありえませんし、お酒を飲んだりするのもよくないです。

今まで、ナンパは全てガン無視でしたが、以前、出会い系サイトを利用し、男の人と会った経験はあります。

まだ明るい時間帯に喫茶店などで会えば安全ですし、誠実な人に出会えることもあるので、気をつけて使えば、便利ではないでしょうか。

恋人を探そうと、ネットゲームやネットコミュニティの仲間と実際に会う「オフ会」に参加する人もいますが、オフ会の趣旨を無視して交際相手を見付けようとする出会い厨は軽蔑されるだけでなく、オフ会全体の雰囲気を悪くします。

出会いを望んでいるのであれば、初めから出会いの場である出会い系サイトを利用するのがずっと効果的です。

その気のない異性を振り向かせるよりも、趣味や価値観の近い人を出会い系サイトで探した方が良い結果になると思います。

出会い系サイトは恋人探しや婚活に役立つサイトですが、実際にここで出会った人と付き合うかどうかは、時間をかけて検討しましょう。

その理由は、プロフィールの欄に、自分を良く見せようとしたり相手を騙すために嘘や見栄を張った情報を書く人がいるのです。

いくらプロフィールが良さそうな人でも早まって交際すると、トラブルになったり詐欺に遭うかもしれませんので、何回もやりとりをしたり、直接会えるチャンスを作って本当に信用できる人なのか、今後付き合っていけるのか判断することが重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です