大林のらっきょ

ずっと親しくしていた友人が出会い系サイトで辛い思いをしたと話してくれました。

サイトで出会った人とは趣味や価値観が似ていて話が盛り上がり深い関係になったと言っていました。

ですが、しばらく付き合ってみると相手が本当は既婚者で、自分はただの浮気相手だということが分かったと言っていました。

結婚を考えて交際をしていた友人は、酷く塞ぎ込んでいる様子でした。

フリーを装った既婚者が出会い系サイトに登録し、真剣な交際を求めている人を弄ぶのは止めてほしいです。

時々話に聞くのですが、出会い系サイトによっては魅力的な異性を広告塔にして、課金させるために登録者の中にサクラを紛れ込ませている事があります。

一般的に、サクラは魅力的な容姿やプロフィールを偽装しているため騙されやすいのです。

サクラに騙されてしまうと、やり取りの回数や課金の額に関わらずそれ以上に進展することは無いですから、ハッキリ言って、相手にするだけ無駄なのです。

前もってインターネットの口コミサイトやレビューで雰囲気をつかみ、評判の悪いサイトは利用しないようにするのをお勧めします。

一般的な出会い系でのプロセスとしては、メールでのやり取りが上手くいけば、そのまま顔写真の交換などをして、相手の容姿をある程度理解しておくのが普通でしょう。

結婚相手の場合は価値観や性格などが大切ですが、遊びやデートならば、容姿が大切になるのもうなずけますね。

偽物の写真を送っても相手には分からないですが、実際に会うとなるとウソはつけませんから、いつか直接会って話してみたいと思う相手なら本物の写真を交換しましょう。

同様に、相手の顔写真も本物ではないかもしれないという心構えもしておいた方が良いでしょう。

ブームになった頃には及びませんが、モンストフィーバーの結果、mixiというSNSを使って、彼氏や彼女ができた人もいます。

自由に書ける日記やコメント機能で、どういった人物であるかはある程度わかり、同じ好みの人が集まるコミュで意気投合して、オフ会に参加し、恋愛関係に発展するというようなチャンスに恵まれることもあります。

でも、恋の相手を探したいのだったら、出会い系サイトに頼った方が恋愛関係に発展する確率が上がるでしょう。

友達の中にはたまたま行ったセミナーで結婚相手と出会ったという人がいるんです。

セミナー後、懇親会に出て、意気投合して付き合い始めたらしいです。

セミナーに行く人なんて限られていますし、それなりに通じるものがあったのかもしれません。

しかし、そうそう出会いは転がってませんから、出会い系サイトを使うといった手段のほうが事前に多少のコミュニケーションが取れることもあり、セミナーで出会うより出会い系サイトのほうが私的には向いていると思います。

10年くらい前だったら、クラブでの出会いもアリでしたが、最近では場違いな感じがして行く気がしません。

それに、クラブで出会って結婚を前提に付き合うなんてことはまずありませんし、出会いの場としてはイマイチでしょう。

出会い系サイトの方がクラブに比べると、彼氏にできるような男性とも出会えたりします。

クラブではまず出会わないような技術系の職業の彼氏ができたので、試してよかったです。

せっかく出会い系サイトで知り合えた異性とは、出来るだけ長く良い関係を続けたいものです。

とはいえ、そこそこ親しくなったけど、相手と直接会うには、もう少し相手のことを知ってからが良いと思う時もありますよね。

または、会いたいのに二人のタイミングが合わないこともあります。

そんな時にはスカイプがおススメです。

スカイプ同士であれば料金を気にすることなく長時間話せますし、相手の顔を見て会話できます。

しかし、相手によっては通話映像を録画している危険性もあるので、相手が信頼できる相手なのかどうか判断できない場合は、顔出しは控えた方が良いと思います。

誰でも名前を知っている大手の出会い系サイトなら、サイト自体は信頼できるでしょう。

しかし、出会い系サイトを利用する上で重要になるのは利用者の質でしょう。

大手サイトは登録者数が多い分、その実態は一般の利用者以外にも、個人情報収集を目的にした悪徳業者や詐欺師、不倫相手を探す既婚者なども利用しています。

このような状態で恋人を探すのは簡単な事ではありませんが、ゆとりを持って探すようにして下さい。

相手がいくらタイプの異性でも相手の言うことを鵜呑みにせず、簡単に警戒心を解かない方が良いでしょう。

有料の出会い系サイトの料金システムはどのようになっているのでしょうか。

調べたところ、大多数の出会い系サイトでは主に課金制でお金を払うようになっています。

例えば、メールを送るのに50円、画像は100円といったように、やり取りをした分だけお金がかかるシステムです。

やり取りを長引かせて課金させようと機械やサクラを使っているサイトがあるのです。

こういったサイトに引っ掛かってしまうと時間やお金を無駄にするだけですから、不審に感じたら早めに打ち切った方が良いと思います。

他にも、やり取りする相手が何を望んでいるか知るのも出会い系サイトでは重要なことです。

遊びなのか、恋人探しなのか、婚活なのか、その目的がお互いにとって都合の良いものかどうかをあらかじめ伝え合っておけば、余分なやり取りをする手間が省けます。

本気で女性との出会いを増やしたいと思い、利用者が多いと評判の出会い系サイトに登録してみました。

でもあれは登録しただけではダメなんです。

自分からアクションしないと。

プロフで選んだ女性にメールを送ったところ、割とすぐ返事が来ました。

だんだん、だいたいのコツみたいなところが飲み込めた気がします。

この人ならと思えるような女性に出会うまで頑張ってみるつもりです。

いま流行りの出会いカフェというのに行ってきました。

お酒の出ない出会い居酒屋のようなもので、それぞれの客が気になる相手に話しかけるというシステムです。

女性は無料で飲食できたりする見返りがある反面、男性側の料金は少し高めになっています。

無料をあてに居座る女性もいて、本当に出会いを探している女性は少なく、インターネットができるなら、マッチングサイトや出会い系サイトで出会いを探せばずっと建設的なように思えます。

スマホが普及したことで始まった、ネットが主流となってきた現代での自分の画像の扱いはくれぐれも注意が必要です。

出会い系サイトなどを利用するときには本当に気をつけた方がいいです。

まず、プロフィールのところに安易に自分の顔がわかる画像をアップしない方がいいです。

写真つきであれば興味をもってもらえる率が高いからといってネットで顔をさらすことは危険が伴います。

https://xn--e3-9i4ayb0a2f6c0gb5736i7j7bntvd.xyz/
さらに、知らない相手に写真を送ることも悪用される可能性があるため、可能な限り避けましょう。

結婚を視野に入れた真剣な交際を望んでネットの出会い系を使う方も多いようですが、犯罪や不純な目的でサイトを利用している人に騙されないように警戒した方が良いでしょう。

例えば、結婚しているのに遊び相手を探している人やプライベートな情報を収集するために登録している悪徳業者がいますから、騙されないよう、相手に違和感を感じたら、すぐに関係を断つくらいの心構えをしておきましょう。

女性の場合は慎重過ぎるくらいの警戒心が必要です。

共通の友人の紹介などで出会うパターンも多いようですが、顔が広く社交的な友達なしにはどうしようもありません。

これといって紹介できる見込みもないのに、無理に仲介を頼まれるようだと、悪いことはしていなくても会いにくくなるものです。

友人から自然と声をかけられるのならともかく、通常は出会い系サイトに登録するほうが大事な友人関係を崩さずに済みますし、今後も相談に乗ってもらえるでしょう。

当然のことですが、出会い系サイトには両極端な一面があります。

例えば、利用者の弱みに付け込んだ悪質な詐欺も横行していますし、サイト上では親切で優しそうな男性が、実はDV男だったケースもあるのです。

浮気したくてサイトで女性を騙している既婚者もいるそうです。

反対に、出会い系がキッカケで結婚できたという話も珍しくありませんので、出会い系サイトというよりも、本人次第な部分があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です