インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。

こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。

ヴィトックスα
そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするとは言えません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です