本多がタヌキ

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、その通りのケアを心がけてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

ライザップの評判!本当に痩せるのか?
その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。

インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です