みずきの安斎

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。

自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
デトランスαが口コミで大人気!本当に効くの?

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

その全額が自費になるのが普通です。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です