他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合

インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。

歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、調べ、 相談してください。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

プラステンアップの口コミ
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。

義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、それに加えて、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です