橘高文彦の藤本

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、サボらず毎日のケアを行ってください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。

当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技を欠かすことは出来ません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
トリプルビーってどうなの?口コミや販売店を徹底検証!

技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です