完二だけどキセキレイ

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、二人の間に亀裂があったと認められる場合、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。

慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、歳や婚姻年数など総合的に判断して裁判官が判断します。

カーナビにより浮気の事実を証明できます。

こっそりとカーナビにある履歴を見て、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられるのです。

見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意が必要です。

そして、よくもしもガソリンが入れられていたら、車によりデートしているかもしれません。

配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠をみつけることもできるでしょう。

まず、いつもなら好んで行くことがないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけることが多くなったら、いつもその近くに赴いている事になります。

その場所でずっと見ていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかもしれません。

本人が知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、必要となる機材や技術があります。

浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは残念ながら証拠とは言えません。

探偵なら浮気調査をする場合、非常にコンパクトなカメラを使って全く気づかれずに十分証拠となる写真を撮ることができます。

浮気調査の費用節約というと、自分でできる範囲までは事前に調査をすることでしょう。

調査とはいっても簡単にできることなのです。

毎日、パートナーの行動記録を付けておけば良いだけです。

毎日の出勤時間、帰ってきた時間、だれかと電話をしているようなら、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。

結婚相手の浮気調査を委託する場合、支払う料金が低過ぎたり、 高料金に設定されている事務所ではなく、料金設定が細分化されていて、追加の料金設定がなされていないような探偵事務所が望まれます。

そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか確認が必要です。

法を逸脱した調査をしている探偵社には依頼しないように気を付けましょう。

どのような服装か確認することで浮気の事実を突き止めることができます。

浮気をしているときに、著しいのは今までとは変わった服装です。

それまではお洒落には興味がなかったのに、おしゃれを急にするようになったら注意する必要があるでしょう。

いつか浮気しそうな人や、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。

実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、平均で3~4日かかるといわれています。

覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあり得ます。

一方で、浮気するだろうという日が特定済みの場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。

言うまでもありませんが、調査員が1人であれば安く、多ければ多いほど高くなります。

そして、尾行時に車とかバイクで行う場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認がいります。

不倫した二人に慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、不倫関係が継続している事を、形として確保しなくてはなりません。

貴方が、探偵に助けを求めるのならば、浮気の証拠をキッチリとした形で鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を準備して貰えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です